虫歯治療

虫歯治療Decayed

img01

虫歯とは

虫歯は、口のなかにいる細菌(ミュータンス菌など)が糖分を利用して酸をつくり出し、その酸によって歯が溶けていく病気です。

まずは歯の一番硬いエナメル質が溶けていき、次に象牙質、歯髄へと浸食していき、さらに神経にまで至り、痛みを自覚することになります。

虫歯の初期段階では痛みなどの自覚症状は少ないですが、徐々に進行していき、自然治癒することはありません。
そのため、早期に発見し治療を行うことが大切です。

当院では虫歯の進行状況に応じて、痛みの少ない最適な治療を心がけています。


虫歯の進行の段階とその治療法

  • img02_01
    C1=初期虫歯
    エナメル質が溶けて浅い穴が出来た状態ですが、痛みはありません。
    治療法
    虫歯の部分を取り除いて、代りに樹脂や金属を詰めて治療をします。麻酔は必要ありません。
  • img02_02
    C2=象牙質まで虫歯が進行
    エナメル質の下の象牙質にまで侵攻したもので、甘いものや冷たいものがしみたりします。
    治療法
    虫歯の部分を取り除いた後、金属や樹脂のつめものをして回復します。象牙質を削る場合は痛みを感じる場合があるので、その際は麻酔を使用します。
  • img02_03
    C3=歯髄まで虫歯が進行
    虫歯が大きく進行し、穴が歯髄まで達している状態です。
    通常の食事や、噛むだけで激しい痛みを感じます。
    治療法
    歯髄を取って、歯の根の部分の治療が必要になります。根の治療完了後に金属や樹脂で保護します。
  • img02_04
    C4=末期の虫歯
    歯の大部分が欠けてしまい、根元のみが残った状態です。
    神経が死んでしまっているので痛みがは感じませんが、さらに放置すると膿が出て炎症で顔が腫れてしまいます。
    治療法
    歯の根元の治療が必要ですが、根元の状態によっては抜歯する場合もあります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補うことになります。
pagetop