入れ歯治療

入れ歯治療Denture

img01

入れ歯治療に関して

虫歯や歯周病、突然の事故などで歯を失ってしまった場合、入れ歯で歯の機能を補うことが、最も基本的な治療法です。

入れ歯は大きく分けると「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類があり、症状や治療箇所により最適な治療を選ぶことが重要です。

また、使用する素材や形状により保険適用されるかどうかが変わってきますので、治療の際にはさまざまなパターンをご提案いたします。


img02

部分入れ歯

部分入れ歯は、欠損したのみを義歯にて補う治療方法です。 健康な歯にクラスプ(ツメ)により歯を固定するので、健康な歯に負担をかけないように調整を行います。

前歯など、目立つ部分にクラスプが露出する場合は透明な素材を使用したり、マグネットなどを利用したアタッチメントと呼ばれる安定装置を使う場合もあります。


img03

総入れ歯

歯が1本もない場合には総入れ歯になります。歯茎と粘膜で入れ歯を安定させるため、高度な技術が必要です。

総入れ歯は、歯ぐきを作る材料によって大きく2つに分けられます.レジンと呼ばれるプラスチックの樹脂で出来たものと、チタン等の金属で出来たものです。

金属の入れ歯は、薄く温度感覚に優れているので、装着感が良好です。また、壊れにくいという特徴もあります。

pagetop