審美治療

審美治療Cosmetic

img01

審美治療に関して

当院では見た目の改善はもちろん、より長く使用していただけるようかみ合わせも考慮した、審美治療を行っています。

また3000歯以上のセラミック治療経験からご要望により適した治療をご提案させえていただきます。

豊富な自身の症例写真にてより具体的に患者様の要望に近い審美症例をお見せすることも可能です。


セラミックス治療について

■ 健康的で自然な白い歯を手に入れるために

歯科治療に対して患者さんの要求度が年々高くなっているのが”審美治療”です。

その要求にお応えするために開発されたセラミックス製の材料は、きれいで明るく全体の透明感も優れているため、天然歯と見分けがつかないくらい美しい仕上がりになります。

今までは特に目立つ前歯の歯の一部分や全体が失われた場合にこのセラミックス治療を希望される方が多くいらっしゃいましたが、 現在では、奥歯の詰め物でも白くしたいという方やあらゆる部位のインプラント治療の上部構造として希望される方、そして、金属アレルギーによって金属製の詰め物や冠が使用できない患者さんからも大変満足いただいています。


ハイブリッドセラミックス

前歯だけではなく奥歯の銀歯などが目立って気になるので白くしたい、また金属アレルギーが気になるというケースがあります。

そのような患者様へは、ハイブリッドインレーもしくは、セラミックインレーという詰め物の材料を用いたインレー治療をご紹介いたします。

img02

銀歯以外にも黒い詰め物(アマルガム)は近年アレルギーが問題視されており、 特に除去をおすすめしております。


セラミックインレーについて

  • img03_01
    – メリット –
    ・透明感が高いため、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
    ・唾液の吸収がないため口臭の心配がない
    ・変色の心配がない
    ・天然歯と見分けがつかない
  • img03_02
    – デメリット –
    ・金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
    ・素材は強固だが粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある。(セメント固定後の強度は高い)

ハイブリッドインレーについて

  • img03_01
    – メリット –
    ・硬すぎず軟らかすぎず粘り強さがあるためインレー(詰め物)に適している
    ・保険の詰め物と比べ唾液の吸収が少ない
    ・保険の詰め物と比べ変色が少ない
    ・適度な硬さで対合歯に優しい
  • img03_02
    – デメリット –
    ・金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る

img03_02

ラミネートベニア (付け爪状のセラミックです)

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。薄いシェル状のセラミック(つけ爪のようなもの)を歯に貼りつける治療法です。

従来のセラミックス治療では、歯の表面を大きく削り取る場合もありましたが、ラミネートベニアは歯の表面を約0.5~0.7mm程度削るだけで治療可能です。麻酔もほとんどの場合必要なく痛みも伴いません。理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。

歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。

img03_02

形状と材質について

神経のある歯で変色やむし歯・形が不整で審美性が良くない場合歯の表面(表側、エナメル質の範囲内)を少し削り、セラミックでカバーし、歯を美しくする人工のエナメル質です。


img04

オールセラミッククラウン

天然歯と区別が付かないほどのセラミックのかぶせ物です。まったく金属を使わないメタルフリーの材質を使用し、金属の裏打ちもないため、自然で透明感があるため天然歯と見分けがつかないくらい美しい仕上がりになります。当院では、適合性や強度、審美性、生体親和性に特に優れているノーベルバイオケア社のプロセラを主に使用しています。

前歯4本を治療

img04_02

補強のための芯(神経をとった歯に対して)

神経のない歯の場合、オールセラミッククラウンなどのかぶせ物をするためには、補強の為の芯が必要となる場合があります。

img04_03

ファイバーコア

従来の金属製の芯だと光の具合でなんとなく金属の冷たい感じが被せ物を通して 見えてしまうことがあります。
(特に日本人のように歯と歯茎が薄い場合)
ファイバーコアは金属製の芯と同等の強度を確保しつつ、白い材料のため光を 透過させても天然の歯と同じように見せることができる材料です。

img04_04

ゴールドコア

通常歯の中の神経をとると歯がもろくなります。
破折しない様にコア(金属の芯)を入れるのですが、貴金属(ゴールドの含有量の高いもの)かチタンでないと歯の根が変色したり腐食することがあります。


メタルボンドクラウンについて

金属の枠組みにセラミックを焼き付けて作る冠です。主に前歯に行います。
自然な感じで美しく、耐久性もあります。

強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度 使用可能なのですが、経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる場合があります。
また元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがあります。

img05

金属の裏打ちがあるかないかが特徴で、それぞれに利点があります。

pagetop